明治の始め、銀座の晴海通りと並木通りの角に、

当時必要とされた藩士の為の旅館、また孫文もお泊りになった「対鶴館(たいかくかん)」が立ちました。


時は流れ、その旅館は今や名をビルに残し、

そのビルの、銀座駅地下街と通りを結ぶ地下一階にあるのが、

カフェ・レストラン「サンク」でございます。

銀座5丁目に位置しますので、その5を取ってフランス語の「サンクCinq5」

そう初代社長が名付けたのは、今から45年前になります。


昭和、平成と時代は変わり、サンクCINQというフランス語の名に合わせ、

研鑽を積んできたフレンチシェフがキッチンへ。

しかし少人数でフランス料理の探求を模索中に

17年間英国生活の現社長が就任。


これを機にサンクCINQは、

現社長がイギリスで親しんだ様々な料理、

世界に誇れる日本の食材、

斬新な料理に果敢に挑戦したキッチンから、

皆様にドーバー海峡の向こう側を味わって頂くことになりました。


…ドーバーで、英語のサンクSunk=沈むことにならないように祈りつつ


小さなサンクの、大きなチャレンジ


当店でしか味わえない一皿、穏やかなスタッフ、ゆったりした空間を、

是非お楽しみくださいませ。

記2020年夏

hisotry pic